氷見市初の民間フリースクール立ち上げに向けてサポート!(おうちフリースクールラクーンの森さん)

\氷見市初の民間フリースクール立ち上げに向けてサポート!(おうちフリースクールラクーンの森さん)/

Himi-Bizにお越しいただいていたRaccoon Englishの村山さんが、氷見市初の民間フリースクール「おうちフリースクールラクーンの森」を立ち上げられます!

Raccoon Englishさんは、0歳から高校生までを対象に「楽しく英語を学ぶ」をモットーに、これまで累計280名の生徒を指導してきた英語塾です。

代表の村山さんは、英語塾を経営していくなかで、様々な事情により学校に行けない・行かない子どもたちがたくさんいるということや、子どもを支えるご家族も悩み、疲弊している現状を知りました。

村山さんご自身も中学時代に不登校を経験。
カナダへホームステイに行って英語を学んだことで様々な文化や価値観を知り、英語を話せるようになったことで自分に自信が持てるようになり復学することができたそうです。

文部科学省が取りまとめた「不登校・いじめ緊急対策パッケージ」 (令和5年10月)によると、不登校児童生徒数が、小・中学校で約30万人、学校内外の専門機関等で相談・指導等を受けていない小・中学生は、約11万4千人といずれも過去最多を記録。学校での学びを十分に受ける状態にないことは子どもたちにとってはもちろん、未来の社会の担い手育成という視点からも深刻な問題です。

しかし氷見には⺠間のフリースクールはなく、「不登校の子どもたちをサポートする受け皿を作りたい」と、フリースクールの立ち上げを決意されました。

◆フリースクールとは…?

一般的に不登校の子どもに対し、学習活動、教育相談、体験活動などの活動を行っている⺠間の施設のこと。

◆「おうちフリースクール ラクーンの森」とは…?

ラクーンの森では、楽しく英語とふれあう時間や知的好奇心を深めるための探究活動の時間を設け、子どもたちが「ありのままの姿」で安心して日中を過ごすことができる学びの場を提供されます。

・のびのびコース(週1回または週2回)
お料理・農業・工作・運動・フィールドワーク・探究活動など、子どもたちが疑問に思うことを調べたり、実験したりするなど、知的好奇心を深めるための活動を行っていきます。昼食のメニューは子どもたちが栄養バランスを考えながら自ら決定し、皆で調理を行い、皆で食事を楽しみます。

月に1回は海外メニューの日を設け、海外の食文化を体験。英語や世界の諸各国について楽しく学び、ふれあう時間を設ける予定です。また、学習は自分で何をどのくらい学習するのかを計画し、1人ひとり無理のないペースで進めていきます。

月謝(月3回/各曜日) 週1回…15,000円 / 週2回…30,000円

そのほかにも、学習支援コース、プライベートコース、英会話コースの計4つのコースを用意される予定です。

Himi-Bizではフリースクール立ち上げに向けて、パンフレットの制作や広報・PR戦略などをサポートさせていただきました!

◆作成されたパンフレット

【メディア掲載】

4月26日 北日本新聞

4月26日 北陸中日新聞

現在は入学生を募集しており、フリースクールは5月中旬頃からオープンを予定しています。

学校に行けない子どもたちに新たな学びの場を提供するためにも、ぜひみなさん温かい応援をお願いします◎

引き続き、全力でサポートしていきたいと思います✨

**************************
◆事業者概要
Raccoon English(おうちフリースクール ラクーンの森)
・HP(フリースクール):https://inforaccoonenglish.wixsite.com/raccoon-forest-free
・Instagram(フリースクール):https://www.instagram.com/raccoonnomori/?hl=ja
・HP(英語塾):https://inforaccoonenglish.wixsite.com/raccoonenglish
・Instagram(英語塾):https://www.instagram.com/raccoonenglish.himi/?hl=ja
**************************